シンガポール編

世界のお土産マナー集―シンガポール編


世界のお土産マナー集―シンガポール編―


シンガポール・マーライン像
文化のコラージュ都市/
  シンガポール


マレー半島の突端に位置し、海に囲まれた国・シンガポールは、 琵琶湖とほぼ同じくらい(704㎡)の大きさで、その恵まれた 地形により貿易中継港として栄え、多民族が流入してきました。

マレーシアより独立して50年と比較的若い国ですが、近年、 一人当たりの国民所得はすでに日本を抜いており、経済成長 目覚しく、摩天楼と美しい庭園があふれる国際都市へと発展 を遂げています。

中でも、華僑は大きな成功を収め、中国系77%と最も多く、次 いで、マレー系14%、インド系8%、その他1%となっており、 公用語は英語、中国語(北京語)、マレー語、タミール語の4ヶ国 語。
多民族が混ざり合った、いわば文化のコラージュともいえる 独特の文化を作り上げています。

そのひとつが英語をベースにしたシングリッシュといわれる言語 で、英語に中国語、マレー語などが交じり合ってできています。

3つほど例をあげれば、

1.語尾にLah(ラ)やLeh(レ)をつけるのは中国語の影響。   
  日本語だと「~ね。」ぐらいの意。
2.マレー語のmakan(食べる)と英語のgoを合わせて、
  Go makan?(ご飯食べに行く)
3.thとtの発音は同じで、  
  Ting ting and ting(thinkと同じ),「考えに考えに考え抜いた」

言葉は時代や環境とともに変化していくもので、 どれが正しいということはないと思います。
「郷に入っては郷に従え」のことわざ通り、 バリバリのシングリッシュを操る日本人がいてもあり!ですね。

また、食事ひとつとっても、宗教の違いから、牛肉を食べない 中国人や、豚肉を食べないマレー人など、多民族、多文化が 共存しているところが人種の交差点らしく、興味はつきません。


グレートシンガポールセール

毎年5月から7月の2ヶ月ほど全土のショッピングセンター、 デパート、ブランド店、ショップなどで行われる大規模な セールで、割引率はなんと70%。
ショッピング好きならこの時期にたずねるのがベストでしょうか。


チューイングガムは持ち込み禁止

ごみのポイ捨て、ツバ吐き、喫煙場所以外での喫煙は禁止 されており、違反は罰金です。

また、チューイングガムは国外からの持ち込み禁止になって おり、国内でも製造されていません。
交通機関内では、キャンディを食べることも禁止されています ので、要注意。


シンガポールへのお土産は?


日本のデパートやユニクロ、100円ショップのダイソーなど 日系企業が進出していますので、下手に100円ショップの もので済ますと逆効果。 中国系の方へのお土産なら、時計関係はNGですが、民族に関わらず喜ばれるのは、お菓子。

また、ちょっとしたプレゼントならきれいにラッピングされた物などが喜ばれるようです。


シンガポールへおすすめのお土産


英語説明書付き-漢字 侍Tシャツ★日本土産(みやげ)に最適!

英語説明書付き-漢字 侍Tシャツ★日本土産(みやげ)に最適!

1,800円 (税込 1,944円)
英文説明書つき-スキンケア 和柄ボディタオル(美容成分エキス配合)★サプライズな日本土産(みやげ)に!

英文説明書つき-スキンケア 和柄ボディタオル(美容成分エキス配合)★サプライズな日本土産(みやげ)に!

800円 (税込 864円)


その他のお土産はこちら



ページトップへ